加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭と病気について

加齢臭が気になり始めると、もしかしたら何か悪い病気なのでは・・・と心配になる方も居ることでしょう。
今のところでは、加齢臭と病気との直接的な関係ははっきりしていません。
ですが、体のニオイと病気に関係性がある事はわかっているものも実際にはあります。
普段からアルコールを良く飲んだり、暴飲暴食を繰り返していたり、ヘビースモーカーや運動不足の人・・・このような生活習慣やストレスを抱えている人は、動脈硬化を進ませ、高血圧や糖尿病に繋がる可能性があります。

 

では、現在分かっているニオイと病気の関係性はどういったものなのでしょうか。

 

・体臭が魚のようなニオイ
体臭が魚のようなニオイがするケースでは、「魚臭症候群(トリメテルアミン尿症)」の可能性があります。この症状は、もともと無臭になって排出されているのに、その酵素が欠損していることから、魚のようなニオイがしてしまう代謝異常の病気です。

 

・尿のニオイが甘酸っぱい
尿をした際に甘酸っぱいようなニオイがしたら、糖尿病かもしれません。一定以上の高血圧の場合は、尿の中にブドウ糖が流出しており、尿が甘くなってしまうことが原因と考えられています。

 

・汗がアンモニアのニオイ
汗をかいた際にアンモニアのようなニオイがしたら、腎臓機能が低下しているか、無理なダイエットを行い汗にアンモニアが混入しているケースがあります。

 

・頭が何だか臭い
真菌が原因になって頭皮に生じる病気です。これは「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。主な症状としては、フケが大量に発生する、年齢としては中高年に多い病気です。しかし皮脂中の過酸化脂質による刺激やビタミン欠乏、アルコール依存、糖尿病、ストレス、肝疾患などが原因のケースもあります。

 

このように、加齢臭とは言い難いが何だかニオイがする、と思うことがあるかもしれません。

 

いずれのケースにしても、少しでも異変を感じたら早いうちに病院を受診することをお勧めします。
何事も、早めの対処が大事です。