加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭とダイエット

加齢臭が気になり始める年齢は、性別問わず40代以降です。また、メタボリックシンドロームが気になる方も、同じでしょう。

 

メタボリックシンドロームとは、日本語にすると内臓脂肪症候群と言います。これはWHOが98年に、日本では05年に診断基準が定められました。
それによると、「内臓脂肪肥満型」があり、高血圧、高血糖、高脂血症の3つの危険因子の中で2つ以上の危険因子を持つと、メタボリックシンドロームと診断されてしまいます。
今では健康診断でもメタボリックシンドロームや症候群と診断されてしまう人も少なくは無いそうです。心当たりがある人は、健康診断の度にドキドキしてしまうのではないでしょうか。

 

このメタボリックシンドロームの対策として、ダイエットを考えいる人もいることかと思います。しかし、加齢臭と一緒でダイエットも体臭の原因となることがあります。
ダイエット方法は数え切れないほどありますが、運動を全く行わずに食事のみで行うダイエットを行うと、代謝不良を引き起こすことがあります。食事制限を行う事で、体の中にある中性脂肪が燃焼します。すると体の中に燃焼された中性脂肪は脂肪酸に変わりますが、この脂肪酸は体臭を放つのです。さらに食事制限をすると次にはアンモニア臭が発生し、ダイエット臭の最後にはケトン臭というニオイがするようになっていきます。

 

他にも、過度なダイエットはストレスにも繋がります。ストレスは加齢臭を発生させる活性酸素を増加させてしまいます。
過度なダイエットはダイエット臭がしなくとも、非常に体には危険なことです。ヘルシーにダイエットを行うには、カロリー制限をしてもしっかりとバランスのとれた食事をしたり、適度な運動が出来るダイエットをすることをお勧めします。ダイエットしてせっかく痩せたのに、不健康になってしまったら元も子もありません。

 

メタボリック対策ももちろん大切ですが、加齢臭に繋げたくはないですよね。健康的にダイエットして、加齢臭を発生させないように心がけましょう。