加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭が出始める時間

加齢臭は何時頃から発生し始めると思いますか?これが分かることで、加齢臭対策も多少は出来るようになります。

 

あの大手メーカーである「ライオン」が調査したところ、夜の10に入浴し、体臭が消えるまで体を洗い、着用する服もしっかりと洗濯しました。
お風呂上がりはしっかりと体をふきますが、汗と皮脂は分泌します。また、就寝中も汗や皮脂は分泌されます。
さて、目が覚めて出勤します。
電車通勤の方は、朝の満員電車によって体温が上がり、汗の原因にもなります。
しかし、昨日しっかりと体臭を洗い流し、しっかりと洗濯したシャツはニオイがまだありません。
しかし徐々に徐々に分泌され、下着や皮脂の表面についてきます。
仕事が始まり、走ったり冷や汗をかくこともあるでしょう。
汗と皮脂は細菌によって分解され、過酸化脂質と反応し、酸化してだんだんとノネナールが増加していきます。
すると、加齢臭を放ちはじめます。
この調査したランチは12時です。人によって異なりますが、この12時がおおよその目安です。
ランチ前からニオイを発生する人は、加齢臭が強い人かもしれません。しかし、ランチタイムを過ぎても匂わない人ももちろんいます。
しかし、加齢臭の人は夕方にはニオっている人がほとんどです。

 

夜10時に入浴し、翌日の12時が限界かもしません。だいたい14〜15時には加齢臭がし始めているでしょう。

 

そこで、夜に入っているお風呂を、朝に変えてみるとどうでしょうか。
例えば、朝の6時ころに入浴したとすると、限界が来る時間はおおよそ18時前後になります。この時間ならそろそろ帰宅の方もいるでしょうから、会社に居る間は加齢臭の心配は減りますよね。

 

しかし、早起きが苦手でなかなか朝にお風呂に入ることは難しいという方もいるかもしれません。
でも加齢臭対策は何とかしたい・・・と思うならば、生活習慣を少し変えてみましょう。
いつもよりも少し早く寝て、その分早起きしてお風呂に入れば、多少は眠気が違ってくるかもしれません。
それも難しいというのならば、市販されている汗ふきシートなどを休憩中などに使ってみるのもいいかもしれません。