加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭対策に体質改善

加齢臭の原因となるノネナール。このノネナールは、人間の皮脂から分泌された皮脂が分解、酸化することでノネナールと変わります。
対策としては、ノネナールに変化する皮脂の元となる脂質を摂取しない、皮脂を酸化しにくくすることが大事になってきます。
しかし脂質を全く摂らない事はほぼ不可能でしょう。それは、脂質は人間の生命維持に必要となる三大栄養素となる炭水化物・タンパク質・脂質に含まれているからです。
なので、摂取しても良い脂質を摂取すればいいのです。
そして、酸化しにくい栄養素や抗酸化食品を摂取することです。

 

加齢臭に良くない脂質とは?

加齢臭が気になる人が摂取しない方がいい脂質は、「常温で固まってしまう脂質」で、料理をして加熱中は溶けた状態ですが、料理が覚めると白く固まってしまう脂がノネナールに変化する脂質なのです。
詳しく説明すると、「牛の脂であるヘッド」「豚の油のラード」「バター」などです。
牛肉は白い脂身が筋のように入ったお肉が上質で美味しく、ステーキなどで良く食べられていますよね。豚の油は、若い人によく好まれるこってりしたラーメンなどによく使用されています。バターは普段から良く使われていますよね。
そのため、普段から意識して食事をしていないと、つい食べてしまうものです。
ほとんどの人が大好きなお肉ですが、体臭を発生しやすい食品なのです。お肉は消化に時間を要します。それにより腸の中に留まる時間は長くなり、発酵、腐敗臭を発生させます。
他にも、お肉は消化しにくいため、消化器官が活動的になり、それによって発汗しやすくなり、体臭が生じてしまいます。

 

加齢臭に良い脂質とは?

加齢臭に良い脂質とは、オリーブオイル、魚類の油、エゴマ、くるみなどです。
これらには悪玉コレステロールを低下させたり、抗酸化ビタミンが含まれているので、積極的に摂りたいものでもあります。
抗酸化ビタミンとは、皮脂の酸化を抑える働きがあり、加齢臭を抑制する栄養素と言えます。