加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭は男性だけのものじゃない!

加齢臭と聞くと、どうしても男性のものと思ってしまいがちですが、そうではありません。女性でも加齢臭が出るのです。
女性には女性ホルモンが備わっています。実は、その女性ホルモンと加齢臭には繋がりがあるのです。

 

女性の加齢臭の原因とは、女性ホルモンが減ってしまう事にあり、更年期障害や肥満と一緒です。これは年齢を重ねることで生じてくるのです。
中でも肥満ですが、女性はどうしても皮下脂肪がたまりやすくなっており、出産によって太ってしまう事もあり、筋肉の量も本来少ないため脂肪が減りにくい性質があります。またその反面、肥満になりやすいとも言えます。
当然、男性の加齢臭の原因になる喫煙、アルコールの摂取も女性も同様なので、女性も出来るだけ避けることがお勧めです。

 

しかし、なぜ加齢臭というと男性のイメージなのでしょうか。
それは、加齢臭が発生する仕組みが関係しています。皮脂線から出る脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで酸化されてニオイが放たれます。女性は、この皮脂線の働きが男性よりも穏やかなので、加齢臭の原因となるのもが少ないのです。皮脂の酸化を女性ホルモンが抑制してくれるため、加齢臭が男性よりも起こりにくいと言えます。

 

男性の加齢臭は平均的に40代から出始めますが、女性の場合は少し異なり、平均的に50代からと言われています。
男性が加齢臭が気になり始めるころ、まだ女性はほとんどの方は閉経していません。閉経前は女性ホルモンの分泌が多いため、女性ホルモンの影響で加齢臭が抑えられています。しかし、50代に入って閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。すると、皮脂の酸化が進んだり、加齢臭を発生させてしまうのです。ですので、男性とは10歳程差があるということですね。

 

いくら私は女性だから平気と思っていても、油断は禁物と言う事です。
閉経し、自身の加齢臭が気になり始めたら、早いうちから対策を行いましょう。