加齢臭シャンプー ランキング

MENU

スメハラとは

一社会人として、自身のニオイケアについては行っておきたいものですよね。ニオイに関することで、個人的な問題をはじめ社会的な問題にも繋がることもあります。ここ最近、スメルハラスメント(略してスメハラ)という言葉も誕生している程、ニオイの問題は深刻になってきているようです。
このスメルハラスメントとは、体臭(汗のニオイ、加齢臭、ミドル臭)のみでなく、女性に多い香水や柔軟剤の強いニオイなどの不快なニオイによって周囲に迷惑をかけていることです。
中でも、30〜40歳の男性特有のニオイであるミドル脂臭は、後頭部から首の後ろのあたりからニオイが放たれるため、自身ではなかなか気付くことが難しく、強いニオイを放っているという自覚が持ちにくいのも問題なのです。強いニオイを放っているのみではなく、そのニオイによって人間関係に亀裂が生じることもあるので気をつけることが大事なのです。

 

大人の男性のニオイのタイプは3つに分類され、加齢臭、汗のニオイ、ミドル脂臭があります。特にミドル脂臭は、皮脂の上にあるブドウ球菌が汗に含まれている乳酸を吸着し、代謝分解を行いジアセチルを生み出すことによって生じるニオイです。頭から首の汗の量が35〜45歳で増加する事によってニオイが最も多く放たれると考えられています。ミドル脂臭は、よく古くなった油のようなニオイに例えられ、中でも女性が不快と感じるニオイと言われています。

 

ミドル脂臭は、口や足よりも少しの量でもニオイが出やすい上、自身ではなかなか気づくことが出来ません。その理由は、後頭部や首の後ろ側にニオイが出るからです。他には、ミドル脂臭の原因であるジアセチルという成分は、加齢臭の原因であるノネナールと比較しても広がりやすいという特徴があります。

 

では、対策を行うにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、シャンプーの際にしっかりと地肌を洗う事です。ミドル脂臭は、後頭部と首の後ろから匂いやすいため、頭のてっぺんから首のほうにかけて地肌を主にしっかりと洗う事です。この際に使うシャンプーは、カンゾウやケイヒなどといった植物性のフラボノイド成分やトリクロサンという殺菌作用のある成分を含んでいるものが良いでしょう。シャンプーを洗い流す際はしっかりと流すことも大事です。

 

次に、頭皮のみでなく首の後ろもしっかりと洗う事です。シャンプーと同様の成分が含まれてるものや、加齢臭や汗のニオイを防ぐ消臭成分・殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールという成分が含まれているボディソープをしっかり泡立て、襟足から首筋にまできちんと洗い、しっかりと洗い流しましょう。

 

そして、生活習慣を見直すことです。タバコを吸っている方は禁煙する、お酒を良く飲む人はなるべく控える、適度な有酸素運動を行う。加えて、バランスのとれた食生活をすることです。ニオイの物質の元になるものは多くが脂質で、油は体臭と深い関係があります。しかし脂質の摂取を全く行わないことは難しく体臭が減ることにはつながらないため、オリーブオイルなどの植物性の油を使用することがお勧めです。オリーブオイルの他にも、シソ油やゴマ油なども良いでしょう。

 

周囲の人に迷惑にならないよう、日頃から自身のニオイを意識し、ニオイを防ぐ生活を意識してみましょう。