加齢臭シャンプー ランキング

MENU

20代でも加齢臭?!

父親や会社の上司などから漂う加齢臭・・・あれ、でも自分はまだ20代なのになんだかニオう・・・?
20代の方でもそんな事を思う方が増えているそうです。
ではまだ加齢臭を発する年齢ではないのに、なぜ匂ってしまうのでしょうか?

 

ノネナール
人間の皮膚には数えきれないほどの毛穴が存在し、その毛穴の奥には皮脂線が存在します。この皮脂線から分泌される皮脂があるからこそ、人間の肌や毛髪は乾燥を防ぎ、保護されているのです。ですが、この皮脂の中にあるヘキサデン酸は、過酸化脂質によって酸化・分解され「ノネナール」というニオイ物質を生み出します。ノネナールはまだ若い年齢のうちはあまり出ませんが、40代に入ると徐々に増えていきます。

 

ニオイの大敵である活性酸素
活性酸素は体を酸化させてしまいます。まだ年齢が若い人ならば、活性酸素が発生したとしてもこれを取り除く働きが活発です。しかし40代以降になるとこの働きがどんどん弱まっていき、次第に活性酸素は増加していきます。この活性酸素を過酸化脂質が増え、ヘキサデン酸の酸化が進行し、やがてノネナールが生み出されるのです。

 

20代でも加齢臭がする原因
若い人から発せられる加齢臭は、加齢からくるニオイとは少々異なります。しかし加齢臭の仲間ではあります。しかし、ニオイの原因がノネナールなのではなく、ぺラルゴン酸という有機化合物が原因なのです。ノネナールとぺラルゴン酸は化学式にすると非常にひているので、似たような物質であると考えられています。
また、最近の20代は老化が進んでいるとも言われています。昔は中高年からがほとんどだった高血圧や心筋梗塞などの生活習慣病が、今では若年性の症状として年々増加傾向にあります。以前よりも、現代の20代の方が老化が進んでいるとも考えれらます。
他にも、皮脂の分泌量は20代と30代がピークになります。40代に入ると低下していきますが、皮脂成分の変化が生じるため、発生するニオイが少々異なってきます。

 

加齢臭の原因となるもの
・乱れた食生活
・ストレス
特に食生活に関しては、現代では親元を離れて暮らしている20代が多いこともあり、食生活の乱れは増える一方です。もちろんしっかり自炊してバランスのとれた食事をしている方も居ますが、なかなか一人暮らしなどをしていると難しいのも現実です。
主な原因がこの2点となるでしょう。

 

対策
加齢臭が最もニオう箇所と言えば、頭です。もちろん全身洗う必要はありますが、特に頭はしっかりと洗いましょう。頭皮を清潔にすることで、加齢臭の予防だけでなくフケやかゆみの予防にもなります。ニオイが気になる方は、朝に頭を洗う事がお勧めです。
また、生活習慣を改めることも大事です。毎日夜更かししたり暴飲暴食をしていたりすると、体のバランスも悪くなり、体臭に悪影響となります。それはホルモンバランスが関係しています。少しずつでも生活習慣を改めていき、ホルモンバランスを整えることが大事です。
他にも、ストレスをためないことも重要です。ストレスによって活性酸素が増え、皮脂を酸化させてニオイの原因となってしまうため、ストレスは大敵です。ニオイだけでなく、体にもストレスは大敵なので、普段からストレスをためないような生活を心掛けましょう。