加齢臭シャンプー ランキング

MENU

皮脂を酸化させる活性酸素

皮脂を酸化させる原因になるものが、活性酸素です。
活性酸素と言う名前は聞いたことがあるかもしれませんが、これは老化を促すものであまり好ましいものとは言えません。
この活性酸素は、ノネナールの元とになる皮脂を酸化させてノネナールを作りだすのです。

 

活性酸素を発生させる原因
活性酸素を発生させる原因は、幾つかあります。
・紫外線・電磁波・激しい運動・喫煙・排気ガス・ストレス・加工食品
これらが活性酸素を発生させる主な原因です。どうしても避けて通れないものもありますよね。タバコや加工食品などは避けようと思えば可能ですが、紫外線や電磁波はなかなか避けられないものです。
もともと、人間の体には活性酸素が生じた際、これを無くすための働きが存在するのですが、その働きは年を重ねるにつれて弱まっていき、皮脂が酸化しやすくなりノネナールが発生しやすくなってしまうのです。
なので、酸化を抑制するためには抗酸化作用を持つ食品を摂取することが重要になってきます。

 

ノネナールの発生を抑制する抗酸化ビタミンとは

・ビタミンE

ビタミンEにはアンチエイジング効果がああり、油脂の酸化を抑制する働きがあります。また、ビタミンCと一緒に摂取することでビタミンCがビタミンEの働きをアップさせてくれます。しかし、ビタミンEには熱に弱い性質があるため、摂取には注意が必要です。
ビタミンEを多く含む食品としては、アーモンド、ポーナッツ、ラッカセイ、玄米、麦芽舞い、ひまわり油、キウイ、プルーン、ブルーベリー、うなぎ、鮭、サバ、カレイ、ししゃも、ぶり、マグロ、さつまいも、かぼちゃ、ホウレンソウ、ニラ、たけのこ、シソの葉などがあります。

・ビタミンC

ビタミンC単品でも抗酸化作用があります。他にも、ビタミンCをたくさん含むレモン汁を含ませたタオルで皮脂をマッサージすることによって皮脂線に直に働きかけ、加齢臭の予防にもなります。
ビタミンCを豊富に含む食品は、レモン、いちご、キウイ、アセロラ、柿、オレンジ、みかん、ピーマン、トマト、春菊、ニラ、カリフラワー、ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリー、ししとう、はっさく、ゴーヤなどがあります。

・βカロテン

βカロテンは緑黄色野菜に豊富に含まれており、抗酸化作用も強いです。体の中ではビタミンAに変化し、その効能が発揮されます。
βカロテンを豊富に含む食品としては、ホウレンソウ、人参、トマト、かぼちゃ、パセリ、小松菜、春菊、モロヘイヤなどです。