加齢臭シャンプー ランキング

MENU

ポリフェノールは強い味方!

ポリフェノールという言葉は聞いたことがあるかと思います。体に有効な成分ですよね。
ポリフェノールのポリには、たくさんという意味があります。また、フェノールは化学的な言葉で、ベンゼン環という構造に酸素と水素が結びついたもので水素基を持つものということなのです。
と言われても、なかなか意味を理解するのは難しいですよね。
この水素基を複数持つものを、ポリフェノールと言うのです。ポリフェノールの特徴の一つに、ニオイの元となる物質を分子単位で包むという特徴があります。

 

抗酸化作用が優秀
加齢臭の原因分子であるノネナールは、体から出た皮脂が酸化することによって出てきますが、一度酸化が始まるとその周辺の皮脂も一緒に酸化させてしまいます。
その速さに反応していく酸化を阻止するパワーが、ポリフェノールにはあるのです。
ポリフェノールはワインやブドウに含まれているのが有名ですが、葡萄酒を頻繁に飲むフランス人などは心臓病になる人が少ないと言われていますが、それはポリフェノールの抗酸化の働きがあるからという話しもあるそうです。

 

ポリフェノールについて
ポリフェノールにはたくさんの種類があります。
有名なのは、フラボノイド。これは植物の葉に豊富に含まれています。そしてカキタンニン。カキタンニンは加齢臭用の石鹸やシャンプーなどに良く使用されています。そしてカテキン。カテキンは緑茶によく含まれている成分として有名ですよね。
この他にもたくさんの種類が存在します。
他にはイソフラボンです。イソフラボンは大豆の胚芽に豊富に含まれており、抗酸化作用が豊富です。また、クルクミンには殺菌作用があります。

 

これらのポリフェノールは分子構造がリングのようになっており、その構造によってニオイの成分をキャッチするのです。
そのため、様々な種類のポリフェノールがあると大きさが異なるため、様々なニオイの成分がキャッチ出来るのです。