加齢臭シャンプー ランキング

MENU

加齢臭の大敵である悪い汗

実は、汗そのものにはニオイがありません。しかし、悪い汗をかくと加齢臭のニオイを悪化させてしまいます。
ではここで言う悪い汗とは一体どういう汗でしょうか。

 

汗でべたつく、といった言い方は良くありますが、悪い汗とはそのべたつく汗のことです。良い汗と違って、たくさんのミネラル分が含まれて蒸発しにくい汗なのです。
本来は無臭の汗ですが、ミネラルをたっぷりと含んで蒸発しにくくなった悪い汗は、皮膚に常にいる菌が増えやすい環境を作り出してしまうので、ニオイを発する汗になってしまうのです。
反対に良い汗とは、塩分が少しでほとんどが水分なので、蒸発しやすい汗です。なのでニオイもほとんどしません。もともと汗とは、体温が上がった際に機加熱によって熱を奪って体温調節をするための生理現象なのです。

 

では、加齢臭などの体臭対策のためにも、悪い汗の原因をお話します。
悪い汗の原因の一つに、今の時代には無くてはならないものになってきてうる空調になります。

 

現在ではどこに行ってもエアコンが完備されている所がほとんどなので、昔と比較するとあまり汗をかかなくなってきています。
普段から汗をあまりかかなくなってきているので、現代人の汗線は機能が衰えてきており、多くの現代人の汗線には角質などの詰まりが生じているのです。その状態のまま汗をかくと、角質などの不要物も汗と共に体外に排出されるため、べたべたした汗をかいてしまうのです。

 

良い汗をかくには、普段から適度な運動をすることです。適度な運動は健康にも非常に効果的です。また汗線を正しく働かせるためにも、適度な運動は必須と言えます。しかし、激しい運動は活性酸素を作り出してしまい、加齢臭の原因になるノネナールを増加させてしまうことになるので、良くありません。適度な運動が体臭を防ぐ対策になるのです。

 

運動以外の対策方法としては、食生活の見直しです。現代人は肉をこのんで食べますが、肉はニオイの原因になります。野菜を多く摂る事が大事です。