MENU

加齢臭シャンプーランキング〜原因と対策〜

加齢臭を撃退!加齢臭ノネナールシャンプー

頭皮は体の中でも最も毛穴が多い箇所で、皮脂線が最も多く皮脂の分泌も体の中で最も多いとされています。そのため、頭部は、加齢臭がもっとも出るところです。加齢臭の対策をするならまずは頭皮から!

 

頭皮は毎日洗う必要性がありますが、通常のシャンプーでは頭皮の加齢臭の原因のノネナールを消すことができませんので、頭皮の加齢臭対策には加齢臭専用のシャンプーが必要です。

 

それでは、オススメ売れ筋の加齢臭シャンプーをランキング形式でご紹介したいと思います。ぜひ参考になさってください。

加齢臭シャンプーランキング

HERB GERDEN さくらの森シャンプー&コンディショナーセット

さくらの森シャンプー&コンディショナーセットは、体と環境に有害となる化学合成成分を全く使わず、植物の恵みのみを使ったヘアケア商品です。

 

敏感肌の方や赤ちゃんでも安心してご利用できる、安心性が高い商品で、排水溝から流れ出る泡も、環境に無害で自然に還る、環境にも肌にも優しいケアケア商品。また、石油系界面活性剤、ラウリン酸、合成着色料、防腐剤、合成香料が不使用、ノンシリコンなので、髪の毛・頭皮にも優しいシャンプーです。

 

きれいな髪の毛は地肌から作られますが、その地肌がダメージを受けていると、頭皮から体の中に不要物が溜まっていき、分解されずにだんだんと体の中に悪影響となり、これが原因となって抜け毛や薄毛、フケやかゆみ、加齢臭などのトラブルが発生してしまうのです。

 

HERB GERDENは、シャンプーの基礎となる水は精製水を使用、よもぎ、カモミール、ローリエ、ミント、ローズマリー、バジル、すぎなのオーガニック成分が含まれていますので頭皮の健康にも最適です。毎日のことですからハーブガーデンのような髪に優しい加齢臭対策シャンプー&コンディショナーが必要です。

 

今なら、先着300名様限定でずっと50%オフ!

 

シャンプーとコンディショナーの2か月分のセットで4000円で購入できますので普通のシャンプーより少し高い程度ですので、使い続けられる価格設定なのがうれしいです。

 

また、もし肌に合わない場合でも15日間の返金保証付ですので安心。特に女性におすすめです!

 

 

「柿のさち」スカルプケアクリアシャンプー

「柿のさち」スカルプケアクリアシャンプーは、独自の成分を配合し、健やかな頭皮にしてくれるヘアケア商品です。

 

「柿のさち」スカルプケアクリアシャンプーに含まれている有効成分のクリチルリチン酸ジカリウムが汗臭の原因である最近の繁殖を防ぎ、汗臭を防ぎ、そして、炭の細やかな粒子が頭皮に詰まった皮脂汚れや古い角質を吸い取り頭皮を洗浄。更に柿の渋み成分であるカキタニンは、緑茶のタンニンと比較しても防臭作用が高く、皮脂の保護を行ってくれます。天然保湿成分である天然植物エキスが、お肌をしっとり。

 

これらの有効成分によって、フケやカユミを抑え、健やかな頭皮に仕上げてくれるのです。臭いの原因を洗い流し、殺菌・洗浄を行い、毛髪や頭皮を健やかにしてくれる、強い味方のシャンプーです。創業明治38年のマックスから発売されており、製造から出荷まで、安心の国内製造です。

 

「柿のさち」スカルプケアクリアシャンプーは、1本2,400円。更に、頭皮をスッキリ洗ってくれる、クレンジングブラシも今なら付いてきて、しかも送料が無料!

 

M3040スカルプシャンプー

M3040スカルプシャンプーは、ノンシリコンでカキタンニンの成分で加齢臭を対策するシャンプーです。

 

モズクの成分のフコイダンでフケやかゆみを抑え、頭皮の環境を整えるのと同時に、防臭効果のあるカキタンニンで頭皮の加齢臭を対策。さらに、配合されたハーブで頭皮をいいにおいに保ちます。

 

定期コースで申し込むと1か月4800円で購入できます。

 

加齢臭について

中年男性をはじめ、多くの方が気になっているであろう、「加齢臭」。そもそも、この加齢臭とは一体何なのでしょうか?そこで、加齢臭について少しご説明していきます。

加齢臭の臭い

加齢臭の臭いは、発する人や嗅ぐ人の感じ方によっても違います。よく言われるのが、「古い脂の臭い」「ろうそくの臭い」「臭いチーズの臭い」などです。だいたい脂の臭いが多いようですが、鼻にツンとくるような酸味のある臭いの方も居るようです。
しかし問題なのが、自身では臭いに気付かない事です。自分の体臭ってわからないですよね。これは、人間の嗅覚の特徴でもあります。周りの人が臭いをどう感じるかと言うと、鼻の奥の鼻腔の上部に臭上皮の臭細胞に電気信号が生じ、臭神経から臭球、そして脳へと伝えられ、臭いを感じるという仕組みになっています。ですが、同じ臭いを暫く嗅いで居るとその臭いに慣れが生じ、臭いを感じなくなってしまうのです。これが、「臭覚の疲労性」と言います。この臭覚の疲労性によって、人は自身の臭いに鈍感になってしまうのです。
また、なかなか自信の臭いを認めたくないと言う思いもあります。例え臭いがしたとしても言いにくいし、言われたとしても自信では臭いを感じない為になかなか受け入れられないこともあるでしょう。

自身の臭いを嗅ぐには

では、自身の臭いを確認するのにはどうしたらいいのでしょうか?それは、自身の加齢臭が付いているような場所(頭皮など)をティッシュで何回かふき取り、その臭いをかいでみましょう。他には、洗濯したシャツやTシャツなどを着る前に嗅いで、臭いがしないことをチェックし、その服を一日着て、夜に脱ぐときに臭いをかいでみましょう。その際に匂った臭いが、加齢臭です。んっ!と思ったら、危険かもしれません。なかなか勇気がいることかもしれませんが、一度嗅いでみてはいかがでしょうか?
加齢臭対策を始めるいいきっかけになるかもしれません。

加齢臭の原因とは

加齢臭は、どうして発生するのでしょうか?体臭が衰えてきているから?皮脂から臭う?
答えはノーです。
私たち人間の皮膚には毛穴がありますよね。その毛穴の内側には皮脂線というものがあります。その皮脂線から皮脂の潤いをキープするために脂質である皮脂が分泌されています。ですが、30代に入ると皮脂の分泌が過剰になっていき、これが40代になると皮脂の中に加齢臭の原因となる皮脂が増加していくのです。しかし、皮脂そのものは本来は臭いはしません。この皮脂が変化し、ノネナールという物質に変化することによって加齢臭となってしまうのです。

ノネナールに変化する皮脂とは

加齢臭を発生させる物質のノネナールに変わる皮脂は1つではありません。まず、ヘキサデセン酸が殺菌分解、酸化分解されると、ノネナールに変化します。また、パルミトオレイン酸やバクセン酸などのω-7不飽和脂肪酸という物質が殺菌分解、酸化分解することでノネナールになります。バルミトレイン酸は、動物や植物、魚介の油に含まれている成分が殺菌や紫外線により酸化、分解されることで発生されるそうです。つまり、皮脂に残っている脂汚れと言えます。
30代の方でも加齢臭がする事がありますが、30代の加齢臭の原因はどうやらノネナールではないそうです。30代はペラルコン酸という、お茶、とうもろこし、ホップ、柑橘などの食品に含まれている直鎖飽和脂肪酸の仲間で、ノネナールよりも強力で攻撃的なニオイがするそうです。このぺラルゴン酸も、皮脂が殺菌分解、酸化分解されることによって生じる物質になります。

ノネナールを消すには

では、加齢臭の原因となるノネナール、30代の臭いの原因となるぺラルゴン酸を消すにはどうすればいいのでしょうか?これらのニオイ分子は、皮脂の上に存在する細菌によっても皮脂分解されます。ですので、加齢臭の原因であるノネナールやぺラルゴン酸を消す方法は、殺菌を行う事です。
他には、皮脂が酸化することでもノネナールやぺラルゴン酸は生じてしまいます。ノネナールやぺラルゴン酸を消すためには、酸化を抑制することが肝心なのです。即ち、殺菌&抗菌をする成分や、酸化防止の成分、ノネナールやぺラルゴン酸を吸い取る成分が含まれている成分が含まれているものを使うことで改善されるのです。